ロニタブ5mgで確かな薄毛改善を

ロニタブの購入はこちら
男性のイメージ 薄く少なくなってしまった毛髪を増やすためには、AGA治療薬の力を借りる必要があります。

現在では医療の進歩で多くのAGA治療薬が開発されていますが、根強い人気があるのはミノキシジルが配合されている商品です。

ミノキシジル配合商品はドラッグストアでも販売されていますが、こうした商品はいずれも外用薬です。(頭皮に直接塗布するタイプ)

外用薬は頭皮に直接作用しますが、深層部にまで有効成分を届けるためには内服薬(飲み薬)が有効です。

そこでオススメするのが「ロニタブ」なのですが、ロニタブはロニテンという薬のジェネリック医薬品なので価格が安いメリットがあります。

ロニタブはどんなAGA治療薬なのか分かるように特徴をまとめてみました。

 

 

ロニタブってどんな薬?

通販のイメージロニタブの有効成分はミノキシジルです。

こちらの成分は頭皮の血行を良くして、頭皮へ十分な栄養を届けやすくサポートします。ミノキシジルは単体で使用されることもありますが、基本的にはプロペシアやザガーロなどの抜け毛を防ぐ医薬品を併用されます。2つの角度からアプローチすることで、より高い育毛効果を実感できます。

 

ただ、日本国内で承認されているミノキシジルのタブレットはなく、購入するなら通販(個人輸入)のみとなります。

通販サイトを見てみると多くのミノキシジルのタブレットが販売されています。しかし、それぞれの商品でミノキシジルの配合量が異なります。

 

ロニタブのミノキシジル配合量は5mgとなっています。

1日1錠の服用を約6ヶ月続けることで、育毛効果が実感できるようになります。効果が出るまで時間がかかるので飲み続けるのは大変かもしれませんが、続ければ確実に効果を実感できます。そう信じて根気よく飲み続けましょう。

 

ロニタブは激安で買える!?通販の相場

通販のイメージミノキシジルタブレットは日本で承認されていないので、ミノキシジル配合商品を試す場合には外用薬のリアップになります。リアップであれば薬局やドラッグストアで販売されていますので、いつでもどこでも入手できます。

ただし、リアップは1本で約7,000円します。ミノキシジルの濃度や販売店によっても価格は変わりますが、1本は約1ヶ月なので毎月7,000円前後の出費になります。

また、病院が独自でミノキシジルタブレットを輸入している場合、処方してもらうことは可能ですが1ヶ月分1,000円ほどします。

 

一方、ロニタブの場合にはミノキシジル5mg配合で10錠1箱約1,600円で購入可能です。

1ヶ月を30日で計算すると30錠3箱で約4800円となり、市販のリアップよりもお得に購入できることが分かります。

また、多くの通販サイトは同一商品を複数注文すると割引してくれますので、試してみて副作用が強くでなかった場合にはまとめ買いをすると良いでしょう。

ロニタブであれば、まとめ買いで1ヶ月分で約4,500円で購入できます。

 

ロニタブ1日1回5mgで効果がなかった場合

通販のイメージロニタブは1日1回5mgの服用が基本です。

ただ、継続服用してもほとんど効果が現れない…といった場合には服用量を増やすことができます。

また、すでに薄毛が進行していたり抜け毛が気になる場合にも増量可能です。

増量する場合の服用方法は、1日2回1錠ずつ(5mgずつ合計10mg)となります

 

ただ、ロニタブの1日最大服用量は10mgまでとなっていますので、24時間以内に10mgを超えないように気をつけてください。

早く効果が現れてほしいからといって過剰に摂取しても効果は変わりません。むしろ、副作用が強く出てしまう恐れがあるので、絶対に1日10mgを超える服用はしないでください。

 

ロニタブを10mg以上服用するとどうなる!?

ロニタブの1日最大服用量は10mgまでと決まっています。

ですが、もしも10mg以上服用してしまった場合には体にどのような影響があるのでしょうか?

ロニタブの主な成分はミノキシジルです。

ミノキシジルは効果が高い成分ですが、その分副作用も現れやすい特徴を持っています

主な副作用としては、多毛症(ひげや腕毛などの体毛が濃くなる)、低血圧、火照り、動悸などの症状が挙げられます。

そのため、ロニタブを1日10mg以上摂取するとこれらの症状がより発現しやすくなり、症状が強くなる恐れがあります。

副作用について知ると服用が怖く感じるかもしれませんが、用法用量を守って正しく服用すれば副作用のリスクを最小限に抑えられます。

 

通販の場合には、病院とは違って専門知識のある医者から薬の説明を聞くことはできません。

また、通販で購入した薬を飲んで副作用が出た場合には、医薬品副作用被害救済制度は適用されませんので注意が必要です。

基本的にロニタブを扱う通販サイトでは、必ず薬の用法用量や服用時の注意事項などの項目があります。そのため、通販でロニタブの注文を考えている方は、事前にしっかりとチェックしておきましょう。

もしも服用が心配なようであれば、医師や薬剤師に相談してから注文しても良いでしょう。

 

正しくロニタブを服用して、薄毛コンプレックスを解消しましょう。

ロニタブの購入はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました