ロニタブは市販のミノキシジルより強力

男性のイメージ AGA治療では症状や希望に合わせて治療が進められていきますが、基本的には投薬での治療となります。治療薬で使用されることが多いのはミノキシジルという成分が配合された薬で、使用すると発毛を実感できると評判です。

 

ただ、病院で行われるAGA治療は保険適用外なので、すべて自費での治療となります。つまり、傷病で診察を受けるときよりも高額な費用がかかるということです。

しかも、薄毛で通院するのは負けた気がする…ということで、病院へは行かずに市販のミノキシジルで済ませるか男性が目立ちます。

しかし、市販のミノキシジルを試すよりも個人輸入の通販で販売されているミノキシジルの方が高い効果が期待できます。

 

そこで、ここでは同じミノキシジルでも市販と通販ではどのような違いがあるのか?検証していきたいと思います。

 

市販のミノキシジルについて

薬局やドラッグストアで販売されているミノキシジル配合商品というのは、全て外用薬になります。

外用薬ということは頭皮へ直接薬液を塗って発毛を促進させるというものです。外用薬にはローションやスプレーなどの形状があり、AGAで悩む方であればすでにご存知かと思いますが、現在販売されているものの中では『リアップ』という商品が有名です。リアップは国内製品ですが、他にもカークランド、ツゲイン、ポラリスといった海外製品もあります。

これらは頭皮へ塗布するだけではあるものの、塗り方にはコツがありますので使用前にはしっかり用法用量確認して使用してください。

手軽に購入できるのが一番の魅力

ミノキシジルの外用薬は全国の薬局、ドラッグストア、通販サイトで販売されています。ドラッグストアによっては朝早くから夜遅くまで営業していますし、店舗数も多いのでなくなったとしてもすぐに買いに行くことができます。

また、通販の場合にはスマホやパソコンさえあれば時間も場所も問わず注文可能です。自宅まで届けてもらえるので非常に便利です。これは市販のミノキシジルの最大のメリットと言えるでしょう。

塗るミノキシジルの効果は?

外用薬タイプのミノキシジルの有効性については、日本皮膚科学会ガイドラインや大正製薬で「6ヶ月間継続使用した方の9割以上が薄毛改善効果が現れた」「94%以上の使用者に抜け毛減少や産毛発毛の変化があった」という結果が報告されています。

効果の発現は緩やかなので長期的に続ける必要がありますが、続けることで確実に「生えた」を実感できるでしょう。

塗るミノキシジルのマイナスポイント

頭皮へ直接ミノキシジルを塗る市販薬は、医療機関や個人輸入の通販で扱われる商品と比べてミノキシジルの配合濃度が低いです。

また、成分の浸透率が低いので効果はゆっくりと現れます。その分安全に試せるということでもありますが、皮膚が弱い方や頭皮に異常がある場合にはかぶれる恐れがあるので注意しなければなりません。

 

通販で人気のミノキシジル『ロニタブ』

男性のイメージここでの通販とは個人輸入代行のことで、海外の商品を取り寄せる方法です。ただ、代行サービスを活用することで通常の通販と同じように注文〜受け取りまでできます。

通販で購入できるミノキシジル配合商品には様々な種類がありますが、中でも多くの男性が利用しているのは『ロニタブ』という内服薬タイプの商品です。

ロニタブはロニテンのジェネリック医薬品で、通販でしか販売されていません。口から有効成分を摂取して有効成分を頭皮へと届けます。

ロニタブの魅力はなんと言っても低価格

市販の塗るミノキシジルには、国内製品と海外製品があります。商品によっても値段は違ってきますが、1本(1ヶ月分)で7000〜8000円ほどします。

一方、ロニタブはロニテンのジェネリック医薬品ということで非常にリーズナブルで、1ヶ月分30錠で約4500円です。しかも、ミノキシジルは飲むより塗る方が効果的とされています。

飲むミノキシジルの効果は?

もともと内服薬タイプのミノキシジルはAGA専門クリニックか個人輸入での購入となりますので、効果も市販薬と比べて期待できます。

特に内服薬タイプのミノキシジルは、血液と一緒に体の隅々まで有効成分が行き渡りますので、成分の浸透率が高いです。そのため、外用薬よりも効果を実感しやすいです。

少しでも短期間で高い効果を実感したいと思いますので、ミノキシジルを試すのであれば外用薬より内服薬の使用が良いでしょう。

ロニタブのマイナスポイント

ロニタブを使用するマイナスポイントといえば、成分が血液に入るので副作用が起こりやすいという点です。ミノキシジルの副作用は起こったとしても軽度の場合が多いですが、頭痛や動悸などの症状が現れるケースがあります。

また、ロニタブの通販は個人輸入になるので届くまでに時間がかかってしまいます。そのため、今すぐ使いたい!といった場合には間に合いません。

 

外用薬と内服薬のミノキシジルは併用してOK?

ミノキシジルには外用薬と内服薬の2種類があり、それぞれでメリット・デメリットがあります。

両者のメリット・デメリットを知ることで、自分はどちらを使用するべきか判断できるでしょう。ただ、AGAを一刻も早く改善したい男性からすると「一緒に使えば効果がUPするんじゃないか?」と思うでしょう。

実際に外用薬と内服薬のミノキシジルを併用すると効果は高まるのでしょうか?

 

その答えはNOです。

というのも、どちらも同じミノキシジルという有効成分が配合されている商品なので、2つを併用しても意味がありません。そのため、単体で使用する場合と効果は変わらないのです。

もしも、内服薬と外用薬を併用したいという場合には、異なる成分のAGA治療薬を選びましょう。そうすれば違った方面から発毛・育毛に対してアプローチできます。

 

また、AGA治療にはミノキシジルと同じくらいよく使用されるAGA治療薬があります。それはプロペシアです。有効成分としてフィナステリドが配合されており、主に抜け毛を防ぐ作用があります。

ここで紹介しているミノキシジルは主に発毛を促進する作用なので、併用することによって『抜け毛を減らしながら毛を生やす』ことができます。

フィナステリド配合商品もロニタブと同様に個人輸入の通販で購入できますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

 

ロニタブの購入や使用が心配な場合・・・

男性のイメージロニタブは市販の塗るミノキシジルよりも確かな効果を実感できるため、実践してみたい男性は多いはずです。しかし、ロニタブは通販でしか買えないAGA治療薬のため、気になるものの購入や使用に対して不安に感じる方も多いでしょう。

たしかに個人輸入の利用は自由ですが、何か問題があったとしても自己責任となります。そのため、初めて使用する方は心配になります。

 

ただ、そうした場合にはまずは病院の受診をおすすめします。

AGAを診察している病院では専門知識を持った医師が問診を行ない、症状を診断してくれます。また、AGA治療薬に関する説明を丁寧にしてくれます。もちろん、服用にあたって分からないことや不安なことがあればその場で聞くこともできます。

 

たとえクリニックでロニタブを扱ってなくても、内服薬タイプのミノキシジルを扱っていれば基本的に飲み方や効果が同じです。そのため、初回だけ病院で処方してもらって、次回以降を通販に切り替えると便利かつAGA治療費を抑えられます。

ただし、クリニックによって内服薬タイプのミノキシジルをいなこともあるので、事前にクリニックのホームページを見るか電話で聞いてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました